PINKちゃんねるに対する削除&発信者情報開示請求

サイトの概要

PINKちゃんねるはアメリカ人のジム・ワトキンス氏が運営する成人向け掲示板である。その淵源は2ちゃんねるのアダルト板にまで遡り(Wikipedia-PINKちゃんねる),掲示板のシステム・外観も概ね2ちゃんねるのものが踏襲されている。ただ,削除ガイドラインには独自規定を採用しており,「2ちゃんねるとは別個独立の掲示板であること」が強調されている(PINKちゃんねる削除ガイドライン)。

法的手続きの可否

上述の通り,PINKちゃんねるの管理者は外国人であり,サーバもアメリカにある。そのため,日本の裁判所の判決・決定は直ちにPINKちゃんねるを拘束しない。ただ,PINKちゃんねるは日本の裁判所の判断を尊重する姿勢を示しているので,このような判決・決定を取得する実益はある。よって,このサイトに対する手順としては,まず任意の削除依頼を行い,これが拒否された場合に裁判所の決定を得て再依頼するのが順当と思われる(ただし,後者が拒否される可能性も否定できない)。

手続上の問題(審尋の要否)

PINKちゃんねるについては,平成27年8月現在,無審尋で削除・開示の仮処分決定が貰える(東京地裁の場合)。しかし,分裂騒動後,2ch.netの削除が要審尋事件とされたことに照らすと,同様の取り扱いが今後も続くかは不透明である。もっとも,仮に要審尋とされたとしても,書類の送達先はアメリカであり,それほど時間は要しない筈である。よって,せいぜい1ヶ月程度余計な時間が掛かるだけで,手続上大きな支障は生じないと考えられる。

発信者情報開示請求の可否

実のところ,PINKちゃんねるが発信者情報開示請求に応じてくれるかは不明である。ただ,同じくジム氏が運営する2ch.netが開示に応じていることに照らすと,PINKちゃんねるについても試してみる価値はある。とりあえず,開示請求に使えそうなルートは存在するので,もし依頼が来れば挑戦してみたいと考えている。

費用と所要時間

PINKちゃんねるに対する法的措置の費用および所要時間は以下のとおり(ただし,これらは飽くまで目安である)。

【費用】
削除 192,000円
投稿者の特定 324,000円

【所要時間】
削除 2~6週間
投稿者の特定 4~8ヶ月

ご相談について

PINKちゃんねるに関するご相談を無料でお受けしています。
こちらのメールフォームからお気軽にお問い合わせ下さい。

田中一哉

1969年東京生まれ。早稲田大学商学部卒。筑波大学大学院システム情報工学研究科修了(工学修士)。2007年8月 弁護士登録(登録番号35821)。現在,ネット事件専門の弁護士としてウェブ上の有害情報の削除,投稿者に対する法的責任追及などに従事している。

関連記事

  1. 【2018年版】ホストラブに対する削除&発信者情報開示請求

  2. Yahoo!知恵袋に対する削除&発信者情報開示請求

  3. 【2018年版】5ちゃんねるに対する削除&発信者情報開示請求

  4. 【2018年版】Twitterに対する削除&発信者情報開示請求

  5. はてなブログに対する削除&発信者情報開示請求

  6. Facebookに対する削除&発信者情報開示請求

  7. FC2に対する削除&発信者情報開示請求

  8. したらば掲示板に対する削除&発信者情報開示請求

PAGE TOP