狭い世界に生きている

午前中,横浜地裁まで遠出。
内容は例によって名誉毀損訴訟。
相手方代理人には2ちゃんねるで著名なK先生が名前を連ねている。
東京ならともかく,地方の裁判所で対面とは,凄い偶然?かというと,そうでもない。
この分野では,わりとよくあることだったりする。

最近少し変わってきたかも知れないけれど,ネットの事件を手掛ける弁護士は案外少ない。
だから,この手の訴訟では,「どこかで聞いたことのある」弁護士同士がやりあうことになる。
僕自身も,これまで(もう1人の)K先生とかN先生といった,名前の売れた先生たちと対面してきた。
こういうことが続くあたり,まだまだこの分野は「ムラ社会」だなあと思う。

田中一哉

1969年東京生まれ。早稲田大学商学部卒。筑波大学大学院システム情報工学研究科修了(工学修士)。2007年8月 弁護士登録(登録番号35821)。現在,ネット事件専門の弁護士としてウェブ上の有害情報の削除,投稿者に対する法的責任追及などに従事している。

関連記事

  1. クレサラの中の人々(平成19年12月頃の文章)

  2. 7年目のスタートライン

  3. 窓辺の蝉

  4. 未来の法廷

  5. 関あじとイノベーション

  6. 当番ブルース

  7. 弁護士会研修の講師

  8. 事務所名変更

PAGE TOP