中間発表

うちの専攻には「グループ演習」という科目がある。
これは学生3~4人が1グループとなって共同研究するものなんだけど,今日はその中間発表の日。
大教室いっぱいの聴衆の前での発表とあって緊張したが,大過なく終わらせることができた。
他のメンバーに迷惑を掛けずに済んだのが何よりも幸せである。

先日,研究室のウェブの写真が更新された。
チラッとであるが,自分が写っているのがとても嬉しい。
研究室の一員になったことを実感できるような気がして。

田中一哉

1969年東京生まれ。早稲田大学商学部卒。筑波大学大学院システム情報工学研究科修了(工学修士)。2007年8月 弁護士登録(登録番号35821)。現在,ネット事件専門の弁護士としてウェブ上の有害情報の削除,投稿者に対する法的責任追及などに従事している。

関連記事

  1. 達成度評価委員会

  2. Torっていうのはね

  3. 探索的仮処分,あるいはIPアドレスに依存しない発信者情報開示請求の可能…

  4. 教官室にて

  5. 専攻演習発表

  6. 学会デビュー

  7. Torは無敵か?

  8. 受賞ラッシュ

PAGE TOP