よくある質問についてQ&A形式で纏めてみました。

投稿記事の削除について

インターネット上で誹謗中傷されました。書き込みを削除することはできますか?
あなたの権利を侵害する内容の書き込みであれば可能です。名誉毀損,プライバシー侵害などがその典型です。

インターネット上に私の過去の逮捕歴(前科)が書き込まれています。消すことはできますか?
事件の内容にもよりますが,書き込みから3年程度経過していれば削除できることが多いです。

検索エンジンで私の名前(店名)を検索すると,不穏な内容のサイトが表示されます。消すことはできますか?
可能です。詳細はお問い合わせ下さい。

どのような方法で削除するのですか?
「仮処分」という裁判手続を利用します。大抵のサイトでは,裁判所の決定が出れば削除に応じてくれます。

海外のサイトでも削除できますか?
サイトによります。たとえばFacebookやTwitterなどは削除可能です。

投稿者の特定について

インターネット上で私を中傷した人物(投稿者)を特定することはできますか?
投稿内容があなたの権利を侵害する内容であれば可能です。

どのような方法で特定するのですか?
「発信者情報開示請求訴訟」という裁判手続を利用します。この裁判に勝訴すればプロバイダから投稿者の個人情報が開示されます。

開示された情報は私(依頼者)にも教えてくれるのですか?
お教えします。ただし,その情報は正当な目的(損害賠償請求訴訟の提起など)以外に使用することはできません。

相手方を特定するまで,どのくらい時間が掛かりますか?
受任時を基準に通常4~8ヶ月程度掛かります。

損害賠償請求について

誹謗中傷した投稿者に損害賠償を求めることはできますか?
投稿内容があなたの権利を侵害する内容であれば可能です。

どのような手続きで請求するのですか?
投稿者を特定した後,その者に損害賠償請求訴訟を提起します。

裁判には自分も出席しなければいけませんか?
いいえ。通常はご本人が出席する必要はありません。

費用その他について

各手続きにどのくらい費用が掛かりますか?
費用の詳細はこちらをご覧ください。

取扱可能なサイトを教えてください。
2ちゃんねる,爆サイ,FC2,したらば掲示板,Yahoo知恵袋,Pinkちゃんねる,Twitter,Facebookなど。有名どころはだいたい押さえていると思います。

弁護士費用を相手方に請求することはできますか?
特定に要した費用については全額請求できます。また,損害賠償請求訴訟の費用についても,相手方に一部負担が認められるのが通常です。

事件処理を担当する弁護士はどんな人ですか?
弁護士 田中一哉(登録番号35821)。登録10年目の弁護士です。詳細はこちらをご覧ください。

同じような事務所や業者が多くて迷っています。こちらの事務所の特長は何ですか?
インターネット関連事件専門の法律事務所であること,担当弁護士が情報系の大学院で修士号を取得していることです。

依頼したいのですが,どのような手続を取ればよいですか?
お電話またはメールでご連絡下さい。お見積もりやご相談も無料でお受けしています。

依頼できる地域に制限はありますか?
特に制限は設けていません。これまで北は北海道から南は沖縄まで,全国各地からご依頼をいただいています。

PAGE TOP