Yahoo!知恵袋に対する削除&発信者情報開示請求

サイトの概要

Yahoo!知恵袋はヤフー株式会社が運営する知識検索サービスである。「知恵や知識を教えあい分かち合える」便利なサイトであるが,質問にかこつけて,他人を中傷する書き込みも散見される。具体的には,「●●の評判を教えてください」という質問スレを立て,「ひどい会社です」などと悪評レスを書き込む態様の嫌がらせが多い。

削除&投稿者特定の可否

  1. 運営主体のヤフー株式会社は国内企業なので,問題なく削除や投稿者の特定の手続きをとることができる。ただ,他のサイトと比べると,任意の請求にはあまり応じてくれない。
  2. ヤフーは発信者に対する意見照会を電子メールで行っている模様。ただし,常に行うわけではなく,請求者側の意見を聞いた上で,省くこともある。

特徴

  1. Yahoo!知恵袋の特徴は,投稿者によって質問の取り消しができる点である。また,掲載期間が経過した質問についても,一定の条件の下,自動的に取り消される。そして,このようにして取り消された質問は,以後,閲覧不能となる。ただ,閲覧できなくなった質問も,ログの保存期間(おそらく3ヶ月)経過前であれば,仮処分により発信者情報の開示を求めることが可能である。
  2. 知恵袋では,大本の質問記事が削除されると,これに対する回答記事も削除される(ページ全体が削除される)。よって,質問記事の権利侵害性が明らかな場合は,その削除に注力すれば足りる(回答レスにこだわる必要はない)。
  3. 知恵袋の場合,「口コミ」という形で,事業者に対する悪評が投稿されることが多い。そして,近時,このような「口コミ」については,個人に係る中傷記事よりも,厳格な基準で削除の可否を論じる裁判官が増えている。そのため,このような「口コミ」絡みのケースでは,申立前に,「記事内容が真実でないこと」について,どれだけ証拠(疎明資料)を用意できるか,慎重に検討する必要がある。

ヤフー側の対応

仮処分申立に対するヤフーの対応は他社と比べて強硬である。このような傾向はソフトバンク系列の会社に共通してみられるもので,グループの方針として,そのように決められているのかも知れない(もっとも,近年,やや軟化してきた印象もある)。よって,本人訴訟はできるだけ避けるべきだし,弁護士に依頼する場合でも,その選任は慎重に行うべきである。

費用と所要期間

Yahoo!知恵袋に対する法的措置の費用&所要期間は以下のとおりである。

【費用】
削除 54,000円(任意請求)
   192,000円(仮処分申立)
投稿者の特定 324,000円

【所要期間】
削除 4~8週間
投稿者の特定 4~8ヶ月

ご相談について

Yahoo!知恵袋に関するご相談を無料でお受けしています。
こちらのメールフォームからお気軽にお問い合わせ下さい。